退職手当 試算     
 

退職時の支給額等を算出します。以下の手順に従って入力(数字は半角)して下さい。  (特別職の計算はできません。)
トップページへ
入 力 項 目  (年月日は、コンボボックスから選択するか、テキストボックスに入力してください。例 平成27年3月31日 → h270331)
 @生年月日を選択して下さい。  A就職年月日を選択して下さい。
               
 B退職年月日を選択して下さい。  C退職事由を選択して下さい。
         
 D退職日の給料月額を入力して下さい。  E施行日前日の給料月額を入力して下さい。
   
 F除算期間を入力して下さい。
     〜    月   子誕生日
     〜    月   子誕生日
     〜    月   子誕生日
     〜    月   子誕生日
     〜    月   子誕生日
     〜    月   子誕生日
除算月計                   月                                  
 G調整月数を入力して下さい。(最高60月)
第1号 第2号 第3号 第4号 第5号 第6号 第7号 第8号 第9号 合 計
(70,400円) (65,000円) (59,550円) (54,150円) (43,350円) (32,500円) (27,100円) (21,700円) (   0円)  


 H上記の内容でよければ「電卓」
   をクリックして下さい。

 
 
算 定 結 果
 算定給料月額    ×(1+×))※ 注1)
  在職年月数 / 勤続年数  ヶ月      /         年                   ※ 注2)
  退職時年齢 / 支給割合  ヶ月      /        
 I基 本 額     
 J調 整 額  
 K裁 定 額  I+J     
 L退職所得控除後の額  
 M税 金                           ※ 注3)
 (源泉徴収税 ) (市 民 税 (県 民 税 )
 N差引支給額 K−M  
注1)応募認定、整理、事務都合(その者の事情によらず引き続いて勤続することが困難である者で任命権者が長の承認を得たもの)により退職する者のうち、勤続20年以上(事務都合は勤続25年以上)で、かつ、定年から15年を減じた年齢以上である者は、特例給料月額が退職手当の算定給料月額となります。(定年前早期退職特例措置)
注2)勤続期間に1年未満の端数月がある場合の端数月処理は全て切り捨て。
注3)退職日が平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間の場合は、源泉徴収税に復興特別所得税を含みます。
特別負担金の計算 @退職手当の基本額の計算
A退職時の給料月額による計算
B早期特例加算分特別負担金(@−A)
C調整額分特別負担金
D特別負担金合計額(B+C)
※この退職手当の試算についてはあくまでも試算額であり、退職手当の正式な請求に基づいて作成したものではありませんので、実際の退職手当額と異なる場合があります。