本文へスキップ

交通災害共済、不慮の災害共済のページです 

電気自動車を寄贈しました

ラッピングカー、いよいよ各市町村へ

災害共済制度の普及と加入推進事業の一環として、県内24市町村(秋田市を除く)へ各1台、ラッピング広告付きの電気自動車を寄贈しました。
10月8日に行われた、贈呈式の様子を紹介します。


こちらがラッピングカー。

側面にはラッパを吹く「ともすけ」。

鮮やかな色合いが目を引きます。

(とっても目立ちます)

前面にはどどーんと「ともすけ」の顔が。

(とっても目立ちます)

後面にももちろんいます。


駐車場にズラリと並んでいます。

スマートキーに「ともすけ」のキーホルダー。

会場の準備ができました。

華やかですね。

式典が始まりました。

組合管理者の挨拶です。


24市町村の担当者の皆さんに

参加いただきました。

スマートキーをお渡ししているところです。

代表の市町村から謝辞をいただきました。

「ともすけ」命名の発表も

この日に行われました。

自動車会社の担当の方から、

電気自動車の使い方について

説明を受けています。

ともすけの鼻の部分が開くんですね。

金色の鍵を持って記念写真を撮影。

この日はとても風が強かったため、

写真撮影も一苦労でした。

皆さん、ご協力ありがとうございました!